トップ > 梅酒造りの材料総合 > 梅酒造りの材料・お酒他 > 梅酒用ウイスキー > マルス_エクストラ・ブレンデッドウイスキー(熟成5年以上)37度 1800ml

マルス_エクストラ・ブレンデッドウイスキー(熟成5年以上)37度 1800ml

2,530円(税込)   

原材料名
モルト・グレーン ・モルト(国産及び輸入)、バーボン(輸入)、グレーン(輸入)
アルコール分
37%

ウイスキー好きは、一度ウイスキー梅酒を作ってみませんか

良質の水と豊かな自然に囲まれた中央アルプス駒ヶ岳山麓宮田村。
 標高798m、霧が多く、冬は氷点下15℃を下回る日もめずらしくない寒冷の地
 花崗岩質土壌より長い年月をかけてしみだした天然のミネラルウォーターが醸す隠れた銘酒です。 

マルスウイスキーからのおすすめ梅酒レシピ

マルスウィスキーEX1800mlにシロップ(液糖)を800gを加えて完全に溶かしてから、
梅の旨みを引き出すため、中サイズ(L・Mサイズ)の青梅を1kg漬け込みます。漬け込み中は梅が沈むまで毎日「おいしくなあれ」と念じながら、よくかき混ぜて梅を液に浸し、梅が沈んでもエキスがなじむように2週間おきくらいに混ぜます。
半年ほど経過し、梅実を1つつまんでみて酸味を感じなかったら取り出し、出来上がった梅酒に隠し味で蜂蜜を15〜20gほど加えて味を調整し、きれいに洗った一升瓶(茶瓶)に移し替え、直射日光を避けてさらに約1〜2年程熟成させます。
それ以上熟成させても美味しく飲めますが、3年以上だと梅酒にエグミが出てきてしまいます。
香味とも十分熟成された梅酒を6:4くらいで、夏はロックやハイボールのように炭酸水割りで、冬はお湯割りや紅茶に加えてお楽しみ下さい。(寒い冬でもグッスり眠れます)
ウィスキーのほのかに漂う樽の香りと甘い梅の香りが調和され、まるで上品な洋酒のようです。ブレンダー気分でそれぞれの年にできた梅酒をお好みでブレンドしても楽しいです

ウイスキーベースの梅酒の造り方

ウイスキーのレシピはこちら

「マルス_エクストラ・ブレンデッドウイスキー(熟成5年以上)37度 1800ml」へのカスタマーレビューを投稿する

評価
タイトル
レビュー
ニックネーム

投稿ボタンは1回でお願いします
投稿後、すぐにはHPに反映されません